下着HOWTO

お尻とデリケートゾーンの蒸れによる問題と解決策・対策

お尻

お尻とデリケートゾーンが蒸れるって、
ちょっとイメージしてみると、やっぱり嫌な感じ、不快な感じがするよね。

ほんっと蒸れるって不快。でも、蒸れやすいからね。。。

でも蒸れって嫌な感じ、
では終わらないんだよね。

蒸れから始まるもっと不快な出来事があるんだよね。

ここではその蒸れとお尻とデリケートゾーンの関係、
そして、蒸れによって生まれるトラブルと、その解決策・対策についてスッキリさせたいと思う。

▼実は、蒸れはふんどしで簡単に解決できる▼

\ふんどしの良いとこどり、ショーツタイプがおすすめ/

ジョリーラパン(ふんどしショーツ)
フローラシリーズ(ふんどしショーツ)
フローラボーダー(ふんどしショーツ)
キャンディ(ふんどしショーツ)

ショーツタイプのふんどし一覧はこちら

お尻とデリケートゾーンが蒸れる問題とは?

蒸れ、ムレ、むれ
お尻とデリケートゾーンで起きる蒸れによるトラブルについて、
それぞれ分けて紹介するからね。

まず、お尻が蒸れることによって起きるトラブルとは?

お尻
おしりのムレは、かぶれを引き起こすだけではなく、病気になる可能性を持っています。

(出典:おしゃれふんどしで、おしりのムレ知らずの夏を送りましょう

オッケー?

ポイントをまとめると、
お尻が蒸れることによって、以下のトラブルが起こるわけよ。

トラブル
  • かゆみ
  • 炎症
  • 臭い

続いて、デリケートゾーンはどうなるのか?

デリケートゾーン
陰部は蒸れやすく刺激に敏感にもなっているため、かゆみやかぶれなどのトラブルも起きやすいのです。

(出典:不快な陰部の蒸れの予防と対策

ポイントをまとめると、
デリケートゾーンが蒸れることによって、以下のトラブルが起こるわけよ。

トラブル
  • かゆみ
  • かぶれ
  • 臭い

お尻とデリケートゾーンをわけて見てきたけれど、
近いパーツってこともあって、ほぼ共通しているんだよね。

蒸れることで、

トラブル
  • かゆみ
  • かぶれ
  • 臭い

こういったトラブルが起こるんだね。

蒸れって嫌だね。

お尻とデリケートゾーンが蒸れやすい理由とは?

蒸れやすいパーツ
そもそも、お尻とデリケートゾーンは蒸れやすいと言われているし、
感覚としても蒸れやすいと思ってるよね?

うん、蒸れやすいと思っている。

なんでこんなにも、お尻とデリケートゾーンが蒸れやすいんだろうね?

その理由はこう。

お尻
女性の場合、パンティにストッキング、タイツにボトムスなど数種類の下着や衣類を着用するため、お尻部分は通気性が悪い環境にあります。
お尻は椅子に触れる部分のため汗をかきやすいということも蒸れる原因の一つです。
その上生理中は肌が敏感になるだけでなく、ナプキンをつけることで余計に蒸れてしまいます。

(出典:お尻にできるニキビの原因と対策 | ニキビ専門サロン「oliss(オリス)」

オッケー?

この解説のポイントをまとめると、
お尻とデリケートゾーンが蒸れやすいこんな感じで整理できるんじゃないかな。

蒸れやすいポイント
  • 数種類の下着や衣類の着用
  • 汗をかきやすい
  • 座ることによる通気性の悪さ

蒸れるって、
風通しが悪く熱気がこもり高温多湿の環境になること。

高温と多湿。

  • 風通しが悪い密閉された状況
  • 湿気となる汗

この組み合わせが、
高温多湿な蒸れ状態につながっているということだね。

お尻とデリケートゾーンは、
日中下着と密着した状態にあるよね。

通気性という視点でみると悪い環境であるのは間違いない。
さらに素材によってはもっともっと悪くなるだろうし、お尻やデリケートゾーンは下着だけではなくストッキングやパンツなどさらに衣服が重なるからね。
とにかく環境はすごく悪い。

さらに、
体の仕組み上汗をかきやすいということ。
こればっかりは生きている以上避けられない絶対的な生理現象だしね。

とにかく、お尻やデリケートゾーンは汗をかきやすい。
しかも汗を拭くのは容易じゃない場所だったりするし、もうヤバいと。

こういうことをまるっと含めて、
お尻とデリケートゾーンは蒸れるべくして蒸れるパーツということになる。

お尻とデリケートゾーンの蒸れを解消する・対策する

お尻とデリケートゾーンの蒸れを解消する・対策するにはどういった方法をとれば良いと思う?

通気性を良くすること、
汗に対応すること。

この2つに取り組めば大丈夫。

そのポイントとなるのが下着。
間違いなく下着。

下着が重要。
良い?何度も言うよ、
お尻とデリケートゾーンの蒸れは下着は肝心だということ。

ぜひとも下着を見直してほしい。

見直しポイント
  • 通気性の良いものを選ぶ
  • 汗を吸い取ってくれるものを選ぶ

この2つを対処すれば、
お尻とデリケートゾーンの蒸れはスッキリさせることができる。

まあ、言うのは簡単よね。

ところがめっちゃ簡単。

とある下着を使えば、

見直しポイント
  • 通気性の良いものを選ぶ
  • 汗を吸い取ってくれるものを選ぶ

これが簡単に済む。

それが、これ!

ふんどし!

プリントタイプ(もっこふんどし)

これで蒸れの予防と対策ができる!

お尻とデリケートゾーンの蒸れには、ふんどし?

ふんどしが普通の下着とどう違うのか?

それは緩さ。
通常の下着と比べて圧倒的に締め付けが無い。

特に、鼠径部の緩さがポイント。
それにより、隙間が生まれ、通気性が確保されることになるんだよ。
ふんどしなら通気性は問題なし。

そして、そして、
汗の吸水性に優れたコットン100%。
これで汗対策もオッケー。

この2つのメリットがそろっているのがふんどしなんだ。

だからふんどしを使うことで簡単にお尻とデリケートゾーンの蒸れ対策が可能になるということ。

オッケー!?

ふんどしを履くだけでいいからね。

まあ、女性用ふんどしといっても種類が多いので、
中にはコットン100%じゃないものもある。なので、ふんどしを選ぶならふんどし専門店シーピースで選んでおけばハズレは無いから安心だと伝えておこう。

ふんどし専門店シーピース

ふんどしに抵抗があるなら、ふんどしパンツを

ふんどしねぇ・・・

今ふんどしはすごいブームだけど、
まだまだふんどしに対する抵抗を感じている女性が多いのも事実としてあるよね。

それも大丈夫!

そう、さっき紹介したふんどし専門店のシーピースをのぞいてみてもらうとわかるんだけど、
ふんどしに抵抗がある人も、気軽にふんどし効果を得られるショーツがあるんだよね。

それが、

ふんどしパンツ!

ジョリーラパン(ふんどしショーツ)

ふんどしの特長はそのまま、
デザインのみを一般的なショーツにしたもの。

それがふんどしパンツ。

これなら通常のショーツ感覚でふんどしの良さ、

お尻とデリケートゾーンを快適にしてくれるメリットをしっかりと得ることができというわけ。

なので、ふんどしにまだ抵抗がある女性や、
ふんどし初心ははまずは、このふんどしパンツから始めると良いよね。

女性用ふんどしのまとめ

専門医も推奨!女性のふんどし選び&おすすめしたいショップリスト
ふんどしの高価、実際に着用したおすすめのふんどしを紹介しています。

お尻とデリケートゾーンの蒸れに関するまとめ

お尻とデリケートゾーンが蒸れるって、
やっぱり嫌な感じ、不快な感じがする。

でも真実は不快という気持ちのことだけじゃなく、

トラブル
  • かゆみ
  • かぶれ
  • 臭い

それ以上のトラブルがあるのでお忘れなく。

あとお尻とデリケートゾーンは、
位置的に、どうしても蒸れやすい環境にあるので、
積極的に対応していかないと、上で言ったようなトラブルに巻き込まれるのは時間の問題になるよ。
しっかりと蒸れ対策はとっていきたいもの。

じゃあ対策ってどんなことをすればよいのか?
それは下着の見直しにあるということ。
中でも今人気のふんどしを取り入れることで蒸れ対策ができるよ。

お尻とデリケートゾーンの蒸れとおさらばしよう!