ヨメプロ便利ツール

妻のやりたいこと?トコトンぶっ潰してやる

ヨメの夢ノート

我が家では数年前から、ヨメの夢ノートというものを運用しています。

このヨメの夢ノートって何かというと、

妻のやりたいことをまとめたノートです。

やりたいことを洗い出し、リスト化し、実現を管理しているノートになります。

妻のやりたいことをとことん潰していく(=達成していく)ことを目的にしています。

ヨメ・・・妻のことです。ヨメとは愛称です

ヨメの夢ノート

つい先日、友人と飲んでいたときにたまたまこのヨメの夢ノートのことに触れまして、

友人
友人
そういう情報こそ今やっているブログで紹介するべきじゃないの?

というアドバイス(?)になりこの度ヨメの夢ノートについて紹介してみよう!と思い今に至ります。

こういった方に書きました

夫婦、彼氏彼女のカップルの間に下記のような課題を抱えている方。

  • 二人の間ですれ違いが多い、ギクシャクしている感じがする
  • 会う時間、一緒に過ごす時間が短いという課題を抱えている二人
  • 共通の趣味がほとんど無い

ヨメの夢ノートを作ったきっかけ

ヨメの夢ノートを作ったきっかけ

作ったきっかけは二人の関係がギクシャクしたからです。。。

このギクシャクがストレスになっていたし、男として不甲斐ないとも感じていました。

このままで良い訳がないと一念発起し、ギクシャク関係の打開すべくヨメの夢ノートを作ることになりました。

少しギクシャクしはじめた経緯を紹介したいと思います。

ギクシャクし始めたきっかけ

私の当時の仕事は広告を作る制作の現場にいました。

風潮として制作者たるもの徹夜して当たり前、会社に寝泊まりして当たり前、取引先も同じ思考の広告代理店というのもあって、ほぼ家に帰らない、休日出勤も多い日々を過ごしていました。

その結果として、夫婦の時間というのがほとんどありませんでした。
二人の時間を作るため、色んな想い出を作るため結婚に至ったにも関わらず、それに反する生活スタイルへとどんどん変わっていきました。

ただし、この状況というのはギクシャクするきっかけでしかありません。

二人の時間がつまらないものに

ポイントは、二人の時間が全く無いわけじゃなかったというところにあります。
短い時間ではあるものの、あるにはあったんです。

ただし、この少しの時間がというのが大問題だったんです。

普段は仕事ばかりで精神的にも肉体的にも余裕を持てずにいました。

二人の時間というのは不意にできたりします。

しかしながら、何をしようか準備できていないし、できたといっても短い時間だったりします。
そうなると、手軽に効率良いことばかりを選ぶようになります。

同じ場所、同じこと・・・

そうです、せっかくの二人の時間にも関わらずルーティンワークのようなこなし感に溢れていました。

これがヨメにとっては、

ヨメ
ヨメ
結婚してから、なんかつまんないね。

ごもっともな意見です。

同じことの繰り返しばかりで楽しいわけがありません。

この、つまらなさがギクシャクを決定づけたのです。

打開すべき方法としてヨメの夢ノートを作ることに

ギクシャクは不本意です。

なんとかしなければと思い、考えました。
このままではヨメはもちろん、私自身も何もおもしろくありません。

現状を振り返り、3つのことを重要課題として挙げました。

重要課題
  • ①二人の時間が少ないということ
  • ②時間が作れるタイミングが不定期だということ
  • ③共通の趣味はほぼ無いということ

①、②は問題ではあるけれど職場や業種の環境によるもので、なかなか自力では変化し難い課題です。
ここでは、この事実を受け止め、ここで最大限のパフォーマンスを出せるように気持ちを切り替えていくしかありません。

自力で変化を出せることとなると、③共通の趣味はほぼ無いことを何とかすることです。

共通の趣味が無いことが課題になるのは、今ヨメが何をしたいのか?をわかってあげられていないというところに起因しています。
そして、わかってあげられていないから、突如時間ができたときのフットワークが重いわけです。

時間が短いにも関わらず、もたつく時間があり、貴重な時間を無駄にロスしてしまっていたんです。

この振り返りを経て、自分の中で解決策が明確になりました。

それがここで紹介するヨメの夢ノートです。

ヨメの夢ノートの目的
  • ①ヨメがやりたいことの種類や数を把握すること
  • ②やりたいことごとに、必要な時間、費用などの概要を整理しておくこと

これができれば、ヨメが喜ぶことにハズすこと無く集中できます。

不意に二人の時間ができたときでも、やるべきことは明確なのですぐに実行できます。

時間が短いときはAをやろう、時間がある場合にはBを選ぼう。

常に準備ができている状態が作れるわけですね。

ビジネス的に考えたらTODOリストのようなものです。

ヨメの夢ノートとは、ヨメのためにやるべきTODOリストと言ってもよいかもしれません。

これをリストをもとにヨメのやりたいことをとことん潰していこうということです。

夢ノートを作るメリット

夢ノートを作るメリット

ヨメの夢ノートを作って良かったことを紹介します。

目的はヨメのやりたいことを把握し、いつでも取り組めるように準備しておくことなんですが、これに取り組んだことで色々な楽しいことが生まれました。

ノートを作って良かったこと
  • ①夢を話合うので単純に楽しい
  • ②自分も磨かれる
  • ③頑張るモチベーションになる
  • ④安心してくれる

①夢を話合うので単純に楽しい

照れながらも、楽しいことをイメージしながら話をしてくれます。

あーしたい、こーしたい、やっぱりあーしたいとか。

そこから発展して、こういうこともやりたいなど。

展開のバリエーションが豊富で刺激的であり、お互いに楽しい気分になります。

純粋にやりたいことだけを考えコミュニケーションするのでつまらない訳がありません。

ヨメの表情もめちゃめちゃキラキラしています。
そういう表情ってやっぱりカワイイです。

もうこれだけで夢ノートを作る理由にすらなると思っています。

②自分も磨かれる

そういうのに興味があるんだ?と知ることで、自分のアンテナが広くなったと思います。

これまでの自分であれば、スルーしていたような情報も「ん?」と反応するようになります。

ヨメが言ってたのってこれのことやん!
もしかして、夢ノートに書いてあったことのあれって、これの方がもっと喜んでくれるんじゃないか!

自分の関心事、ヨメの関心事。

さらには、自分×ヨメの掛け合わせによる全く新しい関心事が広がります。

まるで新しい自分に生まれ変わったような感覚になります。

③頑張るモチベーションになる

このノートを見るだけでワクワクしてきます。

このやりたいを話しているときは楽しそうにしていたなぁ、などニヤニヤできます。
今度はこれをやろう!これをやってるときの様子は可愛かったなぁ♪などなど、見るたびにそういった想いを蘇らせてくれる、心の支えともなっています。

④安心してくれる

やりたいことの話を聞いてくれているし、一緒になってやってくれるので感謝しかないよ。

ということです。

共有することの大事さを痛感しています。

結果として、自分の自由度も高くなりました。

仕事終わりに飲みに行くとなっても、しかも遅くなってしまっても、時に連日となっても、

ヨメ
ヨメ
わかった!今日もしっかり楽しんでおいで~

快く背中を押してくれますw

夢ノートの作り方

夢ノートの作り方

作るのはいたってシンプルです。

ヨメのやりたいことを洗い出し、記録していくだけです。

ただ、あれこれをやりたいだけじゃなく、それを実現するために押さえておくべきことを合わせて記録するようにしています。

記録すること
  • やりたいことが「モノ」的なことなのか?「コト」的なことなのか?
  • 費用
  • 実現に必要なこと、含まれること
  • 期限があるものかどうか
  • 季節に影響するものか
  • 言ってくれたときの表情
  • やりたいことの本質
  • 代替案
  • 実現に向けた課題

やりたいことに対してこれらの項目を記録しています。

やりたいことが「モノ」的なことなのか?「コト」的なことなのか?

これは自分のプロデュース力を振り返るための項目と考えています。

モノとは服、アクセサリー、バッグなどなど欲しい物が手に入れられるようにする行為という意味です。
つまりはお金さえあれば実現ができるというもの。限定物のような例外的なものもありますが、基本的にはお金で解決できるものという位置づけです。

多ければ多いほど、男の経済力としての指標にはなります。
極論、お金さえあれば良くて、自分である必要は無いと思っています。
やっぱり、男の魅力ってモノではなく、コトをどれだけ提供できるかだと思っています。

  • ヒアリング時にモノばかりになっていないか?
  • クリアしていった夢がモノばかりになっていないか?

こういった振り返りに使います。

費用

モノであれコトであれどれくらい費用が必要となるものか?をやりたいことごとに記載します。

いわゆる予算というところです。

優先順位に関わってきます。

実現に必要なこと、含まれること

やりたいことを実現するために必要なことをざっくり出します。
主に費用を整理する際に使う項目になります。

わかりやすいのは旅行のように、どこどこに行って、これこれをやりたいというケース。

例えばディズニーランドで遊びたいというやりたいことがあった場合、

  • 移動に掛かる費用、車ならガソリン代や高速代
  • 宿泊するならホテル代
  • テーマパークに行くならチケット代

こういった項目を洗い出いだせます。

この項目を掛け合わせて概算費用を算出しておきます。

期限があるものかどうか

これは期間限定ものかどうかというところ。

例えば、2020年の東京五輪みたいなのがわかりやすいですね。

モノであれコトであれ期間があるものかを確認します。

優先順位に影響する項目ですね。

季節に影響するものか

これも期限にも近いものがあります。

優先順位に影響し、バランスを確認する目的にも使います。

ヨメのやりたいことを実現していくにあたり、オールシーズン、バランスよく進められることが理想だと考えています。

  • どこかの季節にだけかたよっていたりしないか?
  • 少ない季節は無いかどうか?

こういったバランスを確認します。

言ってくれたときの表情

表情?なんのこと?

と思われるかもしれませんが、これはすごく大切だと考えています。

やりたいことといってもそれぞれにヨメにとっての重要度に違いがあると思います。
この重要度を知るヒントとして、ヒアリング時のヨメの表情を確認しています。

やりたいことであればあるほど、その表情は楽しく、明るくあります。
そして、そして、可愛く、美しいんです。

表情に現れるほどに、やりたいことなんだと思います。

また、この表情を見るためのモチベーションとして活用していきます。

やりたいことごとの重要度とモチベーションを整理するための項目になります。

やりたいことの本質、代替案

やりたいことを、全てやってあげたいですが、色んなからみがあって難しいのが現実です。

お金、時間、体力などなど。

例えば、海外旅行がやりたいこととして出たとします。といういか絶対出ると思います。

お金はコツコツストックしておくとして、問題は時間が無いというのが大きな壁としてあります。
時間を作るというのは我が家にとって中々の課題でした。
じゃあ諦めるのか?

否。

これを否定するのがやりたいことの本質を探る理由にあります。
本質を知り、代替案を作ることで、カバーできることを模索するんです。

海外旅行に行きたい理由をもっともっと深堀します。

ヨメの場合は、日本では見られないような景色、周りの目を気にせず過ごせる時間を作りたいということでした。
要するにこの想いを満たすことができる代わりの案を提案できれば、海外に行くこと自体は先延ばしにしつつもヨメの気持ちは満たすことができるということです。

やりたいことの本質というのは、今の自分や自分たちではすぐにできそうにないことをすぐに実行可能なものに変換、落とし込むための確認になります。

実現に向けた課題

やりたいことがすぐにできない理由を記録しておきます。

今私自身が男として抱えている課題とも言える内容になります。
ヨメプロデューサーとしては不甲斐ない姿です。

この課題を解消していくことが成長であり、プロデューサーとしてのクオリティが上がると考えます。

男としての伸びしろを図る項目ですね。

課題が少なくなればなるほど、男としての魅力もあがるだろうと考えます。

ノートのフォーマットはダウンロードできます

私のヨメの夢ノートはノートを使っています。

もちろん形式、フォーマットなど無いのでなんでも良いです。

ノートを使っている理由は単純にアナログ派であることと、こういったことは手書きが気持ちも入るという理由からノートを使っています。

冒頭でこの話を紹介するきっかけとなった、

友人
友人
そういう情報こそ今やっているブログで紹介するべきじゃないの?

友人からの指摘を受けて、ただ紹介するだけじゃなく、データ化してダウンロードしてもらえるようにしようと思いました。

それで作成したのがこのエクセルのファイルです。

作り方で紹介した項目が全部入力できるようにしています。

はっきり言いますが、とりわけ便利な機能が付いているわけではありません。

この内容に少しでも共感してもらて、自分もやってみよう!と思った人がすぐにでもチャレンジできるようになればいいなという理由からです。

願うなら、このシートがより便利に楽しくなるようなアップデートができると嬉しいなというところです。

ダウンロードした方の新たなアイデアを共有してもらえたら嬉しいなというところです。

ヨメの夢ノートの概要

ヨメの夢ノートのデータは2つのシートで構成しています。

1枚目のシート「LIST」

1枚目のシート「LIST」

1枚目のシート「LIST」には妻のやりたいことを記入していきます。
また、やりたいことに対して、実現に向けた概要も合わせて記入していきます。

記録すること
  • ①やりたいこと
  • ②モノ or コト
  • ③費用
  • ④実現に必要なこと、含まれること
  • ⑤期限があるものかどうか
  • ⑥季節に影響するものか
  • ⑦言ってくれたときの表情
  • ⑧やりたいことの本質
  • ⑨代替案
  • ⑩実現に向けた課題

2枚目のシート「RESALT」

2枚目のシート「RESALT」

2枚目のシート「RESALT」には「LIST」に記入した内容と進捗状況が数値で理解できるようになっています。
2枚目のシートには特別に記入するものはありません。

やりたいことの状況及び全体感がわかるようになっています。

状況確認できること
  • やりたいことの種類はモノ、コトのどちらがどれだけのボリュームであるのか
  • 全てやりきるためにはいくら予算建てする必要があるのか?
  • 季節によってやるべきことはいくつあるのか
  • 満足度のバランスはどうなっているのか?

ダウンロード

ヨメの夢ノート
ファイル名 yome-dreamnote-001.xlsx
データ形式 エクセル
データサイズ 18KB

データをダウンロードする

最後に伝えたいこと

ここでは妻のやりたいことをまとめるヨメの夢ノートの紹介とお話を書かせてもらいました。

最後にひとつだけ、主張をさせてください。

ノートの有無はさておき、二人で夢を話合うというのはぜひともやって欲しいなと思っています。

何をやりたいか?妻の気持ちを理解することにも大きな価値はありますが、それ以上に、

めちゃめちゃ楽しそうに話してくれます。

私たちは最低でも年に4回ほどこのノートを振り返り、話合うようにしています。

既にもう何十回と夢について話合っていますが、何度やっても妻の表情はキラキラしています。

飲みながら、子供たちも交えながらやることもあります。

やっぱり楽しいです。

ぜひとも夫婦でカップルでやりたいことをただ純粋に出し合う時間を作ってみてもらいたいなと思っています。

これが最後に主張したいことでした。