その他の興味

サウナ女子のブームが来る?到来を見据えてサウナーの心構えを身につける

サウナ

MAQUIA 2019年6月号の特集のひとつ「こじペディア」にて。
今月のキーワード「サウナ」をもとに小嶋陽菜さんのサウナに対する考えや好みのコラムです。

この記事にビビッとヨメが反応しました。

ヨメ
ヨメ
好き!でもここ数年行ってない。。。
行きたくなってきたw

近頃女性のサウナに対する注目が高まってきているらしいですね。

一時ヨメが健康管理のため、汗をかきたいということでサウナにハマっているころがあり、それを思い出したようです。

また、行きたくなってきたようです。

ということでサウナのトピックとサウナ×女子をキーワードとしたトピックをいくつか紹介します。

サウナ女子が語るサウナの魅力

  • 1⃣とにかく超!気持ちいい
  • 2⃣気軽に気分転換できる
  • 3⃣健康的になった

好きが高じて、国内約190カ所・海外13カ国のスパ・サウナを巡り、テントサウナも自作するほどの、圧倒的なサウナ好きなサウナ女子さんによる紹介です。
それぞれ下記のようなポイントをとらえています。

・とにかく超!気持ちいい
「サウナに入る→水風呂に入る、というループから得られる快感はまさに天国。砂漠で体中がカラカラになっているところにオアシスを見つけて、その水に飛びこむみたいな気持ち」なんだそう。

・気軽に気分転換できる
「気持ちよさもそうですが、ストレスフリーになれるのもサウナのいいところ。サウナの恵みを体中で堪能しているときって、もう〝無〟なんですよ」

・健康的になった
「もちろん個人差はありますし、全員がそうなるわけではないのですが…」と前置きをしつつ「私はすごく健康になりました」とサウナ女子さん。「まず体温が上がりましたね。代謝が上がったおかげで、普段から汗もかきやすくなったし、何より風邪をひきにくくなった!」と熱弁。

(引用:あの「サウナ女子」直伝!大人女子におすすめしたいサウナの楽しみ方)

この3つ、恐らく男女問わず当てはまる魅力だと思いますね。
あのスッキリ感は快感とも似ています。

サウナを知るなら、サウナ女子さんをフォロー

サウナの魅力をわかりやすく3つのポイントで紹介してくれたのがサウナ女子さん。
ネーミングの通り、サウナ好きの愛称であるサウナーのレベルの遥か上にいる圧倒的なサウナ好きな方です。

サウナ女子のアカウント

@3unajoshi

サウナについて、女性から見たサウナを知る上でフォロー必須な存在と言えるでしょう。

神戸のサウナマップ

限定的ではありますが、神戸のサウナマップがこちら。

久々にサウナ熱がこみ上げてきたヨメに近所のサウナマップを作ろうと思ったんですが、案の定既にマップ展開されていたので、こちらを紹介しています。

神戸在住の未来のサウナーにおすすめです。

サウナの良いところ

サウナの最も基本的な入り方は、サウナ浴と水風呂を繰り返す「温冷交代浴」に、休憩を取り入れたものだ。サウナ室で身体を温め、その身体を水風呂で急速に冷やすことで、血管や神経に刺激を与える。この刺激こそが、身体の働きを活性化して様々な効果をもたらすのだ。

(引用:サウナで身体はこう変わる! サウナが健康に良い理由を医学的効能を用いて解明!!)

サウナって気持ちい、とだけで捉えていませんか?
実はしっかり体にも良いことが解明されているんです。

定期的にサウナは活用したいところ。

サウナで気をつけるべきこと

何事も良いことがある一方で気をつけないネガティブなことは必ずありますよね。
サウナも同様に気をつけておきたいことがあります。

サウナと水風呂との関係性です。

しかし、100度を超えるサウナから20度程度の水風呂に飛び込むわけですから、温度差は約80度にも達し、ある意味、自ら温泉事故を引き起こしているようなもの。医師としては厳に慎んでいただきたいと思います。

(引用:「サウナと水風呂」はヘタすると大事故に。理想的サイクルを医師が指南)

とはいえ、びっくりしたのはサウナに関するデメリットってそれほどないんです。

もちろん無理しないというのは大前提ですけどね。

最後に

サウナブーム到来に向けて、サウナーのポジショニングを見据えたヨメの意気込みを。

ヨメ
ヨメ
サウナって悪いことがほぼ無いってすごいよね。
ドバっと汗を出して、すっきりしたいな!
そのあとのお酒はうまいんだろうなぁw
関連記事
まんぞく美人青汁 その他の興味

満腹感がすごい!『まんぷく美人青汁』がこれまでの青汁と違うところ

2017年10月16日
ヨメプロ☆スゴイ下着-妻の美容と健康と魅力を促す下着をプロデュース
またまた新しい青汁の仲間が登場したなぁ。 そんな感じでのぞいてみたのが、 まんぷく美人青汁。 最近の青汁ブームはすごいもので、 …
漢方の観点から女性の疲れを理解する「女性は30歳を過ぎると疲れやすくなる」 その他の興味

漢方の観点から女性の疲れを理解する「女性は30歳を過ぎると疲れやすくなる」

2016年10月9日
ヨメプロ☆スゴイ下着-妻の美容と健康と魅力を促す下着をプロデュース
女性は30歳を過ぎると疲れやすくなる!?そんな言葉聞いたことありますよね? 人間なので当然ながら加齢とともに、疲れやすくなるの …