その他の興味

漢方の観点から理解する女性の加齢に伴う疲れと対策について

漢方の観点から理解する女性の加齢に伴う疲れと対策について
漢方の観点から理解する女性の加齢に伴う疲れと対策について

方の考えから女性の疲れを種類別に原因と対策をチェックする。
ここでは加齢に伴う疲れについて原因と対策を考える。

加齢に伴う疲れかも?チェックリスト

  • 根を詰めると腰が痛む
  • 皮膚にツヤや潤いがない
  • 寒い季節は外に出るのが苦手
  • 長く眠れない
  • 下着は重ねて着ないと寒くて仕方がない

このチェック項目が多く当てはまる女性は加齢のせいで疲れている、疲れやすさがあるかもしれない。

漢方から考える、加齢に伴う疲れとは

漢方の考え方では、女性は体のピークを過ぎた35歳以降は、それ以前と比べると「」が少なるなるため、疲れやすくなってくるとされている。
」が少なくなると徐々に「」も同様に少なくなってくる。その結果新陳代謝が低下することとなり、冷えやすくなり、その冷えがさらに疲れを助長することとなる。

対策の基本は睡眠の質と時間にある

対策の基本は「気」を補う食事と睡眠

「気」は睡眠によって補うことができる。
がしかし、眠るにもエネルギーは必要になる。加齢に伴い睡眠時間は短くなりやすく、睡眠の質も悪くなる。
意識的に昼寝などを取り組み「気」をチャージすることを心掛けることが大切だ。

また、日常生活で起こる様々な変化によっても「気」は消耗する。季節の変わり目や非日常的なイベントなどでは「気」を使いすぎないことも大切になってくる。

加齢に伴う疲れの具体的な対策

肉体的な疲れの具体的な対策

元気をつくるツボ「湧泉」を刺激する

加齢による疲れに効く代表的なツボが「湧泉」。土踏まずのやや上、足指を曲げた時にへこんだところにあるのが湧泉。
痛気持ちよい程度に刺激するのがおススメだ。
 

季節の変わり目は省エネモードで過ごす

季節の変わり目は、気温の変化などに順応・適用しようとして、「気」をつかっている。

イメージとして、エネルギー消費を通常の8割程度に抑えておきたい。
 

ちょこっと寝て「気」でチャージする

夜に十分寝れない時は、昼食後に仮眠をとるのがのぞましい。

また、夜の睡眠に影響しないよう、日中にとる睡眠は30分以内、気分がすっきりする程度に利用したい。
 

関連記事
お試し美容液 その他の興味

WEB限定¥1,000台でお試し!ピッタリな美容液は試して見つける!

2017年12月24日
ヨメプロ☆スゴイ下着の体験談-妻の美容と健康と魅力をアゲる下着をプロデュース
美容液は高価なものが多いもの。だからこそ失敗したくありません。 美容液の公式サイトをチェックして成分を吟味するのは大切です。そして …
そもそも経絡ってなんだ!?経絡リンパマッサージを始めるための基礎知識 その他の興味

そもそも経絡ってなんだ!?経絡リンパマッサージを始めるための基礎知識

2016年11月15日
ヨメプロ☆スゴイ下着の体験談-妻の美容と健康と魅力をアゲる下着をプロデュース
そもそも経絡ってなんなんだ!? もしかして、ツボのこと? 東洋医学の概念、経絡、西洋医学の概念、リンパ 経絡は東洋 …